新聞記者の平凡日記(記録用)


by qvg1zwt019

<   2010年 05月 ( 3 )   > この月の画像一覧

 メッセージは5月25日に東京都内で決算説明会を開き、今年度から特定地域で包括的な介護や生活の支援サービスを開始すると発表した。訪問介護事業所を中心に据えた地域で、高齢者専用賃貸住宅(高専賃)を集中して設置。緊急時や夜間に対応する緊急対応型訪問介護事業も開始する。今後の屋台骨に育てる高専賃事業の強化が目的で、まず都内から始め、来年度以降に関西圏や中部圏へサービスを広げる。

 前期までに高専賃を黒字化する事業モデルに一定のめどが付いたと判断。食事サービスなども含めれば、主力の有料老人ホームと同程度の営業利益率25%を確保できるとしている。住み慣れた地域居住を望む高齢者に、地域で包括的な訪問介護サービスを受けられる高専賃を提供できれば、有料老人ホームに次ぐ収益基盤になるとの考えだ。

 新サービスは既存の高専賃に比べ、部屋数が半分程度の50室前後の小規模高専賃を軸に展開する。まず訪問介護事業所を中心に、10―20棟の高専賃を特定地域で幅広く設置。同地域の他の施設入所者や在宅介護の利用者にもサービスを提供する。将来的には緊急時や夜間にも対応して、介護から生活支援までを総合的に行う。

 古江博社長は「ノウハウを持つ他社との提携を視野に入れている」とし、訪問介護事業を主力とする企業に提携を打診していることを明らかにした。

■前期連結、伸び2ケタの増収・増益

 メッセージの今年3月期の連結決算は、売上高が前期比17.8%増の319億2600万円、営業利益が28.7%増の46億3700万円、経常利益が35.1%増の47億2000万円、純利益が40.4%増の26億5800万円と、伸びが2ケタ台の増収・増益だった。主力の有料老人ホームを3施設増やしたほか、医療機関からの紹介で入所者が増えたことなどで売上高が伸びた。

 今期(来年3月期)の連結決算は、売上高が前期比9.6%増の350億円、営業利益が14.3%増の53億円、経常利益が14.4%増の54億円、純利益が1.6%増の27億円を予想。有料老人ホーム6施設、高専賃1施設を新設する計画だ。


【関連記事】
2ケタの増収増益、有料ホームに注力―メッセージ4−9月期
ツクイ、9.5%増収も費用増で減益−大都市中心の施設展開も
コムスン継承事業黒字に、利益回復に寄与―ジャパンケア4−9月期
稼働率向上で営業利益52%増―セントケアHD4−9月期
ヘルスケア事業好調、黒字に転換―ニチイ学館4−9月期

裁判員制後、保釈率が急伸16.9% 捜査当局は懸念(産経新聞)
無免許まつ毛エクステ、サロン経営者ら書類送検(読売新聞)
トヨタ、「パッソ」を自主改修=2万台超、低速時などにエンスト(時事通信)
ブランド品300万円相当が盗難 京都(産経新聞)
現地で結婚式も フィリピン女性と偽装結婚仲介 パブ経営者逮捕(産経新聞)
[PR]
by qvg1zwt019 | 2010-05-29 14:51
日本自動車工業会の新会長に就任した日産自動車の志賀俊之COOは20日の記者会見で「リーディングインダストリーとして雇用や納税に貢献し、この2年間で自動車産業が頑張っているなと言われるよう尽力したい」と抱負を述べた。

関連画像:国産3大メーカーの主力車種

志賀会長は現状の日本は「残念ながら元気がなく、経済全体も湿っている」と指摘。そうしたなかで自動車産業は「安全、環境技術で世界のトップを走っている。強みであるモノづくりにしっかり取り組みたい」と強調した。

ただ、ギリシャ問題による欧州経済の動揺などもあり、世界の新車需要は「最悪期は脱したものの、厳しく見ざるを得ない」と、足元の経営環境には慎重な見解を示した。

《レスポンス 池原照雄》

【関連記事】
自工会会長に日産の志賀COOが就任
スズキ鈴木会長、ユーロ安に「強い危機意識」
【新聞ウォッチ】2011年の東京モーターショー、ビッグサイトで師走開催
トヨタ、米テスラと電気自動車で提携
新車登録台数、33%増で9か月連続プラス…4月

性犯罪2度服役、再び4件の男に懲役23年(読売新聞)
国家戦略局「外交も所掌」=政治主導法案が審議入り―衆院(時事通信)
参院定数「40程度削減」公約に明記 民主(産経新聞)
虚偽申請で訪問介護事業所の指定取り消し―岐阜(医療介護CBニュース)
<チェリスト>823人が平和願い演奏 広島(毎日新聞)
[PR]
by qvg1zwt019 | 2010-05-21 16:13
 大分市の南日本造船大在工場で昨年1月、船と岸壁をつなぐタラップが落下し、作業員26人が死傷した事故で、大分区検は6日までに、業務上過失致死傷罪で藤原敏秋元副工場長(62)とタラップ製作を担当していたグループリーダー(61)を略式起訴した。また、労働安全衛生法違反の罪で同社と元副工場長を略式起訴。大分簡裁は先月26日付で、それぞれ罰金50万円の略式命令を出した。
 起訴状によると、元副工場長とリーダーはタラップの強度計算を怠るなどし、同社と元副工場長は労働災害を防止するために必要な作業員間の連絡、調整などを行わなかったとされる。
 事故は昨年1月23日に発生。自動車運搬船と岸壁を結ぶ鉄製タラップが落下して作業員が海に投げ出され、2人が死亡、24人が負傷した。
 南日本造船の話 改めてご遺族、関係者に深くおわびし、安心して働ける職場作りに全力を挙げる。 

【関連ニュース】
新たに頭部発見=胴体は女性会社員と確認
男3人を傷害致死で再逮捕=工事現場遺体遺棄
マンション火災、重体の父死亡=川崎
マンション火災、2歳児死亡=父親と4歳兄も重体
線路脇に転落、男性作業員死亡=電車の架線で感電か

クジラの街・太地町住民の毛髪から高濃度水銀(読売新聞)
ワカメの産地偽装で水産会社前社長を逮捕 中国産を鳴門産 徳島県警 (産経新聞)
<もんじゅ>冷却系配管で高温警報(毎日新聞)
働き盛りの近視怖い パソコンなど悪影響 深刻な視力障害注意(産経新聞)
新党の統一名簿に慎重 たちあがれ平沼氏(産経新聞)
[PR]
by qvg1zwt019 | 2010-05-13 11:42